10代でも若ハゲになる可能性はある?対策方法は?

ハゲの症状は40代以降に多く見られるため、若いうちは大丈夫だと思っている方が多いかもしれません。

しかし、10代で若ハゲとなってしまう方も少なからずいます。

今回はなぜ若ハゲになってしまうのか、その原因とどうすれば若ハゲを回避できるかという対策についてご紹介します。

ちなみに私は若ハゲに悩んでいましたが、適切にケアを行って治すことができました。

髪にダメージを与えてしまっている

10代の若い頃は、自分を格好よく見せたいと考える方が多いはずです。

そのため、髪の毛を染めたり、パーマをかけたりなどヘアスタイルを工夫する方が多いですが、実はその行為が若ハゲの原因となっています。

髪の毛に負担をかけてしまうと徐々に弱ってきてしまい、最終的に抜けてしまうからです。

髪の毛が抜ける前兆として、髪の毛が細くなるというものがあります。

パーマや髪染めをしている方で、髪の毛が細くなり始めていると感じたら要注意です。

また、髪染めやパーマ以外にも間違った方法での洗髪は髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

遺伝

遺伝によって、薄毛に影響を与える5αリダクターゼと呼ばれる酵素が過剰に生み出されてしまい、テストステロンがジヒドロテストステロンに変えられる活動が活発に起こるようになると、若ハゲとなってしまいます。

ジヒドロテストステロンはハゲを促進する物質です。

これは生活習慣によるものではないので改善するのは難しいですが、遺伝によって必ず若ハゲを発症するわけではないという点は認識しておきましょう。

つまり、遺伝以外の環境要因が若ハゲの原因となっている方が多いということです。

睡眠不足

睡眠不足になると体が思うように動かなくなったり、思考がうまく回らなくなったりなど様々な影響が出てきます。

健康な体の成長のためにも、睡眠は10代にとって非常に重要なものです。

そして、睡眠は髪の成長サイクルにも大きな影響を及ぼします。

正常な睡眠が取れていると、髪の毛は正しいサイクルで成長します。

しかし、睡眠が十分に取れなかったり、不規則な睡眠になってしまうと成長サイクルは乱れてしまいます。

また、睡眠不足は髪の成長に大きく影響する頭皮の栄養状態を悪化させる原因ともなります。

栄養がない土には作物が育たないのと同じで、栄養がない頭皮に髪の毛は育ちません。

ストレス

ストレスは適度なものであれば問題ありませんが、過剰なストレスになると体に様々な悪影響を与えます。

そして、若ハゲの大きな原因となるのです。

まず、ストレスは交感神経を刺激します。

交感神経が刺激されると、汗をかきやすくなります。

そして、多量の汗をかくと頭皮環境の悪化に繋がります。

頭皮環境が悪化すると毛穴が汚れで詰まったり、血行不良を起こしたりして正常に髪が生えなくなってしまいます。

それだけでなく、生えている髪の毛も抜けやすくなるのです。

ストレスは交感神経を刺激するだけではなく、ホルモンバランスの乱れも引き起こします。

基本的に男性もある程度の女性ホルモンを持っています。

そして、通常時は男性ホルモンと女性ホルモンが正常に分泌され、バランスが取れた状態となっています。

しかし、ホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンのバランスが崩壊してしまうと髪の毛にダメージが出やすくなり、ハゲの原因物質を分泌させないようにする働きが弱まってしまいます。

こうして若ハゲが起こってしまうのです。

” 栄養の偏り 不規則な食生活や偏食もハゲの原因になります。

体の健康状態は食事に大きく依存しており、髪の毛も例外ではありません。

髪の毛を作る栄養が不足してしまうと、当然ですが髪の毛を作ることができなくなってしまいます。

そして、髪の毛の回復力も失われていきます。

また、油や塩分、糖分の過剰摂取は血行不良を起こす原因となり、頭皮に正常に栄養を届けることができなくなってしまうため、若ハゲの原因となります。

他にも、髪の毛の主成分であるたんぱく質が不足すると良質な髪の毛が作られなくなってしまいます。

規則正しい生活を送ろう

10代の若ハゲを回避するために一番重要なのは、規則正しい生活を送るということです。

まず睡眠ですが、遅くても夜の12時前には寝るようにしましょう。

ちなみに、22時から夜中の2時の成長ホルモンが活発に分泌されるゴールデンタイムに就寝するのが最もおすすめです。

ゴールデンタイムに寝ることで肌のターンオーバーが正常に行われたり、髪の毛の成長と修復が十分に行われたりするため、若ハゲの改善に効果的です。

また、食生活もバランスが取れたものに切り替えるようにしましょう。

油や塩分、糖分の過剰摂取を控えるようにし、野菜を積極的に食べるようにします。

五大栄養素をバランスよく摂取するように心がけることが大切です。

ストレスを回避する

若ハゲに大きな影響を与えるストレスを回避するというのも、若ハゲ改善としては効果的です。

ストレッサーとなっているものに立ち向かうのも良いですが、時には逃げるという選択肢を取ることも重要です。

一切ストレスを感じない生活を送ることは難しいですし、特に思春期は多感な時期ですので大人よりもストレスを感じやすいです。

だからこそ、悩み事は信頼できる人に相談したり、ストレス解消の手段を作ったりと、ストレスを過度にため込まない工夫をすることをお勧めします。

私は特に人に話すと気持ちが楽になるので、よく人に悩みを話してストレスを解消しました。

髪の毛にダメージを与えない

自分をより格好よく見せたいと思っても、髪染めをしたりパーマをすることは若ハゲを防止するためには避けた方が良いでしょう。

私は髪染めやパーマを10代のころによく行っていましたが、やめてしばらくたつと健康な髪が生えてくるようになりました。

また、普段のシャンプーの仕方から見直すのもおすすめです。

爪を立てて力強く洗ってしまうと頭皮に傷がついてしまい、若ハゲの原因となります。

そのため、髪を洗う際は優しく指の腹で洗うようにしましょう。

そして、すすぎは十分に行います。

シャンプーが残ってしまうと毛穴が詰まってしまう原因となるからです。

毛穴が詰まると若ハゲにつながりますから、毛穴を清潔に保つためにもすすぎは念入りに行いましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*