10代で薄毛になった場合はどうすればいい?対処方法を解説

10代は若いから薄毛の心配はないと考えている人も多いですが、若い時から薄毛に悩んでしまうケースもあります。

近年では食生活の乱れや生活習慣の乱れなど様々な要因によって、若い男性が薄毛になる傾向があることもわかっています。

若いからといって油断しているとどんどん薄毛が進行してしまい、より悪化してしまうことも考えられます。

ここでは原因と対処方法をご紹介します。

10代の薄毛の原因 “10代の若い人は自分が薄毛になるというケースがあまり考えられず、症状に気づかないまま発見できずに対応が遅れ、薄毛の症状が進んでいってしまうということはよくあります。

また、自分で気づいていても悩みを打ち明けられず、家族や友人にバレないように薄くなっていない髪の毛を伸ばして誤魔化すという対処を取っている場合もあるでしょう。

しかし、薄毛は放っておくとどんどん症状が悪化してしまい、ごまかすこともできなくなってしまいます。

10代でも薄毛になる原因はあります。

勉強やスマートフォンなどを使うことによって目を酷使していたり、夜更かしや睡眠不足で生活習慣が乱れているという点は心当たりがある方も多いでしょう。

他にもインスタント食品やファストフードをよく食べることで食生活が乱れている、オシャレのためにカラーやパーマをして髪の毛にダメージを与えている、普段使っている整髪料がシャンプーをしてもきちんと落とし切れていないなど何気ない原因が積み重なることによって頭皮の大きな負担になってしまい、薄毛につながります。

心当たりがあるという場合には、少しでも改善することによって症状の進行を遅らせることになりますから、薄毛に悩んでいるときには生活習慣だけでも見直すことをお勧めします。

” 生活習慣による薄毛の改善 “10代の薄毛の場合、生活習慣などが問題で薄毛になっているのであれば、改善できる可能性が高いとされています。

10代はつい夜更かしをしたり、楽しいことに夢中になりがちで生活習慣が乱れやすいですが、薄毛になると髪型を楽しむということができなくなってしまいます。

年を重ねても髪型を楽しむためにも、きちんと薄毛は改善することが大切です。

薄毛になる原因の一つが、ホルモンバランスの乱れです。

10代は成長期であるため、ホルモンバランスが乱れやすい傾向にあります。

生活習慣の乱れに加わり、ホルモンバランスも乱れると薄毛につながっていきます。

それを避けるためにも生活習慣からホルモンバランスを整えていきましょう。

ホルモンバランスの乱れが原因の薄毛は、ホルモンバランスが正常になれば改善するケースが多いです。

ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活が基本となります。

夜更かしやスマートフォンを使いすぎるなども生活習慣の乱れにつながってしまいます。

できればあまり夜更かしせずしっかり睡眠を取る、スマートフォンは使い過ぎず連続で使っているときにはきちんと休憩を取るなどのルールを作ることが大切です。

その他、きちんと栄養バランスの整った食事を取れば、髪の毛の悩みだけではなく体調を整えることにもつながります。

” 遺伝や体質による薄毛 “10代の薄毛は生活習慣やストレスなどで薄くなってしまうほか、遺伝や体質によって薄くなることもあります。

血縁者に薄毛の人がいる場合には10代で薄毛になっていなくても、将来薄毛になる可能性は高くなります。

そのため、早いうちから薄毛対策をしておくことが大切です。

遺伝による薄毛は男性ホルモンの分泌が原因であるケースがほとんどです。

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストロンという物質に変わって毛根を攻撃することで薄くなっていきます。

そんな男性ホルモンへの対処は早めに始める方が効果的だとされています。

遺伝や体質による薄毛の場合、5αリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤を使用することがお勧めです。

頭皮マッサージをしながら低刺激なシャンプーで洗髪し、毛穴が開いた状態の入浴後に育毛剤をつけることによって有効成分が浸透しやすくなります。

また、頭皮を健康にすることを意識することも大切です。

ヘアカラーやパーマなどは頭皮の負担になるためできるだけ避けるようにし、シャンプーは一般的なものではなく低刺激なアミノ酸系か育毛成分の入ったものを使用します。

シャンプーを変えるのはすぐに出来る対策ですから、気になり始めたら気軽に試してみるのも良いでしょう。

” 自分でできる薄毛対策 “若いからといって不規則な生活などを続けていると、どんどん頭皮にダメージが蓄積されて薄毛につながります。

それを避けるためには、早いうちから薄毛対策をしておくことが大切です。

自分でできる薄毛対策としては、髪の毛を正しく洗うことが簡単な方法です。

まず、入浴前に髪をブラッシングして汚れを落とします。

入浴後、毛穴が開いた状態で33〜35度程度のぬるま湯で頭皮と髪の毛を洗って汚れを落とします。

次に低刺激のシャンプーを泡立ててから髪につけ、頭皮を指の腹を使ってマッサージしていきます。

頭部全体を洗ったら洗い残しがないようにぬるま湯でしっかり洗い流します。

洗い残しがあると頭皮に負担がかかるため、注意が必要です。

タオルドライで優しく水気を取り、できるだけドライヤーを離して髪の毛を乾かし、最後に冷風でキューティクルを締めて完了です。

食事はインスタントなどではなく、亜鉛やタンパク質など髪の毛の必要な成分を摂取し、栄養を吸収しやすくするビタミンもきちんと摂るようにしましょう。

同時に適度な運動で血行を良くすることで頭皮に栄養や酸素を行き渡らせるのと同時に、ストレス発散にもなります。

その他、きちんと質の良い睡眠を心がけることも大切です。

” 10代の薄毛にも効果的な病院での治療 10代の人は薄毛治療に使われるプロペシアやミノキシジルなどの薬での治療は認められていないのが現状です。

しかし、親の同意書があれば薄毛専門クリニックでの治療を受けることができます。

ミノキシジルなどを使用した治療は行えませんが、それ以外のHARG療法や育毛メソセラピーなら受けられるようになっています。

HARG療法は150種類以上の成長因子を含んだ育毛剤を直接頭皮に注入する毛髪再生治療です。

直接頭皮に栄養を与えることで発毛を実感しやすい治療です。

育毛メソセラピーも、頭皮に薬剤を注入する方法です。

HARG療法とは使われている成分が異なり、主に育毛に必要な栄養剤や血管拡張剤、発毛成分などを配合したものを使用します。