若ハゲを予防するための食事と栄養素まとめ

髪の毛は自分が食べた食事の栄養から作られるため、若ハゲを予防するためには髪の毛の成長に必要な栄養素を摂ることが大切になってきます。

特に若いうちは好きな食べ物ばかり食べたり、インスタント食品や暴飲暴食などで栄養素が偏ってしまい、食生活の乱れが薄毛の原因を作ってしまうこともあるでしょう。

若ハゲを予防するための栄養素や食材をまとめました。

若ハゲを予防する栄養素とは

若ハゲを予防する栄養素は大きく分けて3つあります。

髪の毛を作る栄養素、体の健康を整える栄養素、育毛するために頭皮の環境を整える栄養素です。

若ハゲを予防したいならば、これらの栄養素をバランスよく摂取しなければなりません。

若ハゲ予防に必要な栄養素を紹介します。

たんぱく質

髪の毛の材料となる栄養素は、たんぱく質と亜鉛です。

髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンで作られています。

アミノ酸が髪の毛に良いとよく言われますが、アミノ酸=たんぱく質と覚えましょう。

摂取したたんぱく質は体内で分解され、アミノ酸が再合成されることでアミノ酸の一種であるケラチンが誕生します。

ケラチンは髪の毛の90%以上を占める成分ですから、不足してしまうと髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えてしまうのです。

たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。

どちらも良質なたんぱく質なのでバランスよく摂取することが大切ですが、動物性たんぱく質は肉や魚類に多く含まれており、場合によっては脂質が多くなってしまいます。

そうすると内臓に脂肪がつき、内臓機能低下や血行不良などを引き起こします。

血行不良は薄毛の原因になることがあるため、どちらかと言えば植物性タンパク質を含んだものを摂取した方が若ハゲ予防に効果的です。

動物性たんぱく質は肉・魚・卵・乳製品などに多く含まれており、植物性たんぱく質は野菜・果物・大豆・米など植物に多く含まれています。

亜鉛

髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンでできていますが、ケラチンを増やすためにはたんぱく質を摂取するだけでは足りません。

体内でケラチンを生成するためには亜鉛が必要になるからです。

亜鉛はミネラルの一種で、亜鉛が不足するとケラチンの生成が滞るため、髪の毛のヘアサイクルが乱れたり、細く短い毛が多く作られてしまいます。

亜鉛は現代人に不足がちなミネラルですから、意識して摂取する必要があるでしょう。

また、亜鉛は髪の毛を生成するだけでなく、AGAの原因である5αリダクターゼ酵素を抑制する働きがあります。

若ハゲを予防するためにはAGAを発症させないことが大事になるため、亜鉛は若ハゲ予防にとても効果的な栄養素と言えるでしょう。

亜鉛が含まれている食材はココア・生牡蠣・豚レバー・イワシなどです。

これらの食材は意識しないとなかなか食べる機会に恵まれませんが、亜鉛は髪の毛を作るために重要な栄養素ですから積極的にメニューに取り入れることが大切です。

ビタミン類

髪の毛を作る栄養素も大事ですが、若ハゲを予防するためにはビタミン類の摂取も必要になります。

体の健康に欠かせない栄養素であるビタミンは、髪の毛の健康にも欠かせません。

ビタミンは頭皮の環境を整えたり、髪の毛に必要な栄養を送り込むために必要です。

例えば、ビタミンAは頭皮の健康を整えるために必要な栄養素です。

肌のターンオーバーに有効な働きをしたり、頭皮の乾燥やフケを防いだりと頭皮を清潔に保つ効果があります。

ターンオーバーが乱れると脱毛やヘアサイクルの乱れを引き起こすことがあるので、しっかりと摂取しましょう。

ビタミンAは緑黄色野菜・うなぎ・にんじん・レバーなどに多く含まれています。

ビタミンEは代謝を向上させて食べ物を体内で分解したり、他のものへ合成したり、血行促進の効果が期待できる栄養素です。

血液は髪の毛に栄養を届け、髪の毛の成長を促す役割があるので、血行促進は育毛のために必要不可欠と言えます。

ビタミンEをしっかり摂って健康な頭皮を作りましょう。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類・ウナギ・たらこ・いくらなどの魚介類・穀類に多く含まれています。

ビタミンB群にもターンオーバーを促進したり、血行促進、頭皮の酸化防止の役割が期待できます。

豚肉・ウナギ・玄米などにビタミンB群が多く含まれており、特にビタミンB1を含む豚肉は育毛に効果的と言われているのできちんと摂取しましょう。

大豆イソフラボン

髪の毛を作ったり頭皮の環境を整える栄養素も大事ですが、体全体の健康を整える栄養素も若ハゲを予防するためには必要となるため、しっかりと摂取しましょう。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをします。

男性は女性ホルモンの恩恵を受けにくいので、大豆イソフラボンを摂取することでAGAの原因である男性ホルモンジヒドロテストステロンの悪影響を防ぐことができます。

それだけでなく、女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を強く太くしたり、血流改善の効果があります。

女性の場合も更年期障害やストレス、体調不良により女性ホルモンが減少し、薄毛に悩まされるケースがあります。

若ハゲを予防するために、男性だけでなく女性も意識的に大豆イソフラボンを摂取しましょう。

大豆イソフラボンは納豆・大豆・みそ・油揚げなどに多く含まれています。

ビタミンC

現代社会はストレス社会と言われ、男女ともストレスをため込み、薄毛に悩む人が近年増え続けています。

ストレスは血流不良を引き起こすため、頭皮に栄養が届かずに抜け毛や細く短い毛が増えてしまうのです。

ビタミンCにはコラーゲンを生成したり、抗ストレスホルモンの分泌を促す働きがあります。

抗ストレスホルモンによりストレスに対抗することができれば、ストレスによる若ハゲを予防することができるでしょう。

ビタミンCはレモン・黄ピーマン・赤ピーマン・ほうれん草などに多く含まれています。

現代人はビタミンCが不足しがちですから積極的に摂取しましょう。